rayban

上質で
ラグジュアリー

レイバン (Ray-Ban) は、1937年にアメリカ空軍の委託でアメリカの企業ボシュロム社が創立しました。
1999年に、ファッションブランドの眼鏡を扱うイタリアのルックスオティカ (Luxottica) に売却され、
現在はルックスオティカグループの主力ブランドです。

LUXOTTICAグループは、上質でラグジュアリーなアイウェア(メガネフレーム及びサングラス)の
デザイン、製造、販売において、全世界の眼鏡業界トップです。
日本では、日本法人のミラリジャパンが販売しています。

「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」が設立時の基本コンセプトで、
「紫外線100%カット」をはじめとする機能性重視のモデルが多かったのですが、
1999年の売却以降は斬新なデザインを売りにしたモデルも多くなっています。
世界的に最も有名なサングラス・ブランドのひとつで、
世界中のセレブリティをはじめ同ブランドの愛用者は多くいます。