silhouette

Less is more…
「より少ない事は、より豊かな事」

歴史は「重く」、技術は「軽く」
東京オリンピック開催と同じ1964年にオーストリアのリンツで産声を上げたシルエットは、2014年に創業50周年を迎えました。
家族経営から始まったフレーム製造会社は従来のフレームの在り方に革命をもたらしました。

革新的な技術の進歩と、品質・機能性・素材・デザインの細部に至るまで持たれる“こだわり”と“探究心”は、
以前は単なる医療器具とみなされがちであったアイウェアの存在を、
個々のライフ・スタイルの一部として位置付ける事を可能にしました。
50年間、変わる事なく継承されてきたもの・・・それは、常に最高のアイウェアをご提供する事により
お客様お一人お一人の個性を引き出し、フレームを掛ける楽しさに気付いて頂く事です。
その意味に於いても、シルエット社は製造技術の“トレンドセッター”としての役割を今日も邁進しております。

ファッションではなく、スタイルを確立する事
シルエット社は、流行に影響される「ファッション」ではなく、個々の生き方、
つまりライフ・スタイルを反映させた「スタイル」に対するこだわりを持ちながらアイウェアの製造をしております。
アイウェアがただの道具になる事なく、掛ける方の“人生のパートナー”として存在し、
様々な場面でお一人お一人の個性を演出し際立たせる。
それを可能にするのは、カスタム・メイドに対応し得る製品の柔軟性です。
リムレスを主流とするフレームは、豊富な種類の玉型とテンプルデザインを自由に組み合わせ、
“世界で一つのだけのフレーム”をご自身で作り上げて行く事が出来るのです。

余分なものを削ぎ落とし、必要不可欠なものに光を当てる事で、
お客様が本来お持ちになっている魅力を引き出す・・・。